2015.12.11 なんで?
今年の夏、とある場所のTNRのお手伝いをしたときに
保護したアユとアユム。
まったく慣れていなかった2匹を預りさんが一生懸命慣らしてくれました。
そりゃ~、大変だったと思います。
生粋のノラ猫さんですからね。
それでも、ゆっくりゆくり時間をかけてお家の子としてやっていけるように、
がんばってくれました。
そろそろ、里親さんを探そうかというまでになってきた矢先に
アユが体調を崩しました。
病院へ連れていくと熱があり、抗生剤の注射と点滴をしてもらいました。
それでも、体調はもどらずまた病院へいきました。
熱は下がっていましたが、食欲もなく痩せてきていて、それになんとなく
黄色い・・・・
すぐに血液検査をしてもらいましたが、内臓関係は問題ありませんでした。

「ウィルス検査は済んでますか?」

先生にそう聞かれ嫌な予感がしました。

アユとアユムは保護したときは2か月くらいの子供でした。
保護してすぐに手術とワクチンとウィルス検査をしました。
もちろん、ウィルス検査は陰性でした。
保護した時のことを説明すると

「ウィルス検査してみていいですか?」

そう先生に言われてウィルス検査をお願いしました。

結果は、白血病陽性でした。

保護してすぐにウィルス検査をしても100%の結果は得られないと
分かっていますが、実際にこうなってみるとやはりショックです。
預りさんには本当に申し訳ないことをしてしまいました。
つらい思いをさせてしまいました。
20151211_153408.jpg
今、アユはほとんどご飯を食べてくれません。
どんどん痩せてきています。
今、私にできることはアユにつらい思いをさせないようにすることだけです。
それでも、少しでも希望があるならありとあらゆることをしたいという
衝動にかられてしまします。
それがアユが望んでいないことでもです。
人にはいくらでも強いことが言えるのにいざ自分のことになると簡単にはいきません。
うちにあずかっているWキャリアの子にも本当はできることすべてをしてあげたいのですが、
それがいいことなのかどうなのか・・・
保護主さんにはいつも偉そうなことばかり言ってしまいます。
助けてあげらるなら助けてあげたい。
何もできない自分が本当にはがゆいです。


来年もやります。よろしくお願いします
20151209_231112 (1)

緊急!! 猫の一時預かりさん急募!!←お願いします!
保護したくても保護できない猫さんがたくさんいます。
1匹でも多くの命を救うために!あなたの助けが必要です!
「ずっと飼う自信はないけど、里親さんが決まるまでなら預かるよ~」という方!!
よろしくお願いします!! 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://syouka95.blog23.fc2.com/tb.php/59-8498b495